HOME | コンテンツ | FPデータSELECT100 | たかがデータ。されどデータ。やっぱり見た目は大事です。

 FPデータSELECT100  2018.10.16

たかがデータ。されどデータ。やっぱり見た目は大事です。


 
FPデータSELECT100はこのデザインのまま、セミナー資料、相談業務資料、顧客向け資料、社内向け資料として利用していただけます!
FPデータSELECT 100でこだわった一つは「見た目」です。
リンク http://kinyu-design.com/works/fpdataselect100/fpdata100.html

相談のお土産でもらったら結構うれしい

FP相談はその方の収入、家族構成、年齢、職業、生き方、価値観など、さまざまな要因によってアドバイスもゴールも異なります。十人十色のファイナンシャルプランニングなので、極端な話、一般論はどうでもいいのです。

 
しかしながら、「うちの食費は使いすぎでしょうか?」「うちぐらいの年齢だと普通はいくらくらいの貯蓄があるものなのでしょうか?」というような質問をよく受けます。普通、平均、一般的な数字をまずは知りたいものなのです。
 
「一般的に食費は3万円くらいですかね」などFPの知見としてお話しするのでも良いのですが、ここで統計データが出てくると数字が明確な分、ピリッと引き締まります。せっかくですから、相談者の年齢だとか、年収帯だとか、住宅ローンの返済の有無だとかに合わせたデータをお見せすると、相談の信頼度も高まります。
 
このようなデータは総務省統計局の家計調査にあるのですが、そのままのものを一例としてお見せするとこんな感じです。

 
 
該当するところにマーカーを引くなどでもいいのですが、表も大きいのでとにかく見にくいです。

要点を見やすくしたいという点から、FPデータSELECT 100では、数字を抜粋し、こんな風に作り変えています。いかがですか?
 

 
説明するにも、参考資料としてお持ち帰りいただくにも、見た目はとても大切だと思います。

 

セミナーのレジュメにもキレイを

セミナーのレジュメも聴きにきていただいた方にお持ち帰りいただく、とても大切なものです。レジュメの作成は美的センスも必要。参考データをどのように飾り付けるかも悩みどころではないでしょうか。

FPデータSELECT100をお使いいただけば、見た目も美しく、レジュメ作成の時間も大いに短縮していただけると思います。
加工はしていただけませんが、参考資料として、このままご活用ください。
 
 
データはもちろん内容が最も重要なのですが、参考にしていただくためには見やすさも大切です。きれいにまとまっているだけで印象が変わります。データも見た目は大切です!!
(注)データ・グラフ・表等、コンテンツの一部だけの利用や加工は一切禁止としております。また、データの中には、配布についてはデータ元に許可をとっていただくことが必要な場合があります。

 
 
「FPデータSELECT100」のご紹介はこちら
ライター:高田晶子
AKIKO TAKADA

取締役
大学卒業後、信託銀行に就職、人事部配属。宅地建物取引主任者の資格を取得し、念願叶い不動産部で働くも、お客様と銀行のハザマで苦悩する。「この人、この不動産買っても大丈夫だろうか」と思っても言えなかった罪悪感がその後私をFPへ導いてくれたのかも。信託銀行退職後、イベント会社、不動産コンサルティング会社を経て、1996年、ファイナンシャルプランナーとして独立。2010年まで女性3人で活動、年間300件の相談業務を行う。2010年より株式会社マネーライフナビの取締役。相談業務、執筆、セミナー講師というFP業務の3本柱中心から金融関係のコンテンツ作り中心へ。長年、個人のお客様の声を直接聞いてきたからこそ作れるコンテンツを提供しています。 >>プロフィール

 

最新記事 new