HOME | コンテンツ | 持ち味とお金 | 持ち味とダイエット(その2)「ダイエットの効果を出せる持ち味は?」

 持ち味とお金  2019.5.16

持ち味とダイエット(その2)「ダイエットの結果を出せる持ち味は?」

 

「ダイエット」を成功させるためには、「ダイエットに取り組む・始める」という行動と「実際にダイエットを行い、結果を出す」という行動の2つに分けられます。前回はダイエットを始めるという最初の一歩を踏み出すための持ち味を取り上げました。今回はダイエットを行い、結果を出すのに活かせる持ち味を、成功法別に考えてみましょう。

絶対に~月までに~キロ痩せる!

活かせる持ち味:「目標達成へのこだわり」

 
目標達成することがゴールですので途中経過や方法は関係ないという勢いがある人です。きっとさまざまな手段を取り入れ、とにかくゴールに行きつくので成功しやすい持ち味でしょう。

 

どのくらいの効果があるかわからないが、続けてみる!

活かせる持ち味:「継続力」

 
ダイエットというとストイックなイメージがありますが、例えば「食事の量を少しだけ減らす」「夜8時以降は食べない」「毎日一駅歩く」といった"ちょっとしたこと"を決めると淡々と続けられるのが「継続力」が持ち味の人です。このタイプの特徴は目標達成ではなく「続けてみたら●キロ減った」という成果の出し方をします。「継続力」がある人は、続けることで成果を出せることがわかっているので何かしらの成果が出るまで続けます。そのためある意味失敗しません。

 

決めたルールを守ってストイックに!

活かせる持ち味:「自己管理力」

ルールの程度はひとそれぞれですが、「夜は炭水化物を摂らない」「間食しない」「週2回はジョギングする」など、何かしら制限を設け、妥協せずにきっちり行うことができるのが「自己管理力」が持ち味の人です。意志が強く、周りからの誘惑にも負けないので、しっかりと結果を出しやすいタイプといえるでしょう。
 

毎日の体重や食事を記録してレコーディングダイエット!

活かせる持ち味:「予算・実績管理力」

 
ダイエットの方法の一つに「レコーディングダイエット」というものがあるそうです。これは毎日の食事を記録するという方法。1日の摂取カロリーを、例えば1500キロカロリーまでというように上限を決め、食べたものを書いていくことで食べ過ぎを防ぐ効果を狙ったものです。これは食事を予算(カロリーの上限)内にいかにおさめるか、という管理力ですね。また、体重を毎日記録することで、成果が出ているかの確認や、計画通り進んでいるかを確認することもできます。毎日の体重を把握していれば大きくリバウンドする前に対策を講じることもできそうです。このように予算・実績管理力もダイエットに十分に活かせる持ち味です。
 

 

 
世の中いろいろなダイエット法が出ていますが、持ち味からダイエット法を選ぶのも効果的です。
 

ライター:石川英彦
HIDEHIKO ISHIKAWA

代表取締役
大学卒業後、就職することなく海外放浪へ。大好きなオートバイで北は「アラスカ・北極海」南は「アリゾナの砂漠」まで、北米を野宿しながら37,000キロ走破。帰国後、老舗ホテルでボーイの仕事し、サービス業とはなんたるかを学ぶ。あるきっかけで保険代理店の手伝いをしたことで金融の世界を知る。その“奇妙”な世界に疑問を感じ「お金に関する情報形成」「売り手と買い手がハッピーになる金融コンテンツづくり」をミッションとした、 株式会社マネーライフナビを設立(1996年)。FP(ファイナンシャルプランナー)の実務をこなしながら多数の金融コンテンツを手がける。2011年には エフピーリサーチアンドコンテンツ株式会社を設立。全国各地のご当地FP®︎による多数の意見を発信。ただいま、「金融を普通にする」ための起爆剤を充填中。 >>プロフィール
 

 

最新記事 new