HOME | コンテンツ | 持ち味とお金 | “欲”に勝つことができる持ち味とは?

 持ち味とお金  2019.10.4

“欲”に勝つことができる持ち味とは?

 

弊社が展開している「持ち味マネーカード(https://www.mochiaji.net/)」は39枚の持ち味で構成されています。すべてお金に関係する持ち味ですが、その中でも特に関係が深い持ち味をコアの持ち味と呼んでいます。コアの持ち味を知ると自分のこととお金のことがよくわかるかもしれません。

欲には勝てない!?

この持ち味はお金の管理運用にはかなり威力を発揮する持ち味です。儲け話、投資、買い物などなど、お金に触れるシーンでは、心揺さぶられる刺激が多く、人間が本能的にもっている“欲”が誘発されます。自己管理というのはこの“欲”を制御すること。自己管理ができる人は、無駄な出費も抑えられ、その分貯蓄が増えます。投資をするときにも欲に駆られず、損失や利益確定を冷静にすることができます。変な儲け話にひっかかることもないでしょう。
 
投資のシーンでは、多くの人が利益確定・損切りができません。潜在的かつ先天的にもっている人間の本能とでもいうのでしょうか。“欲”にはなかなか勝てないですね(笑)。ルールを定めてそれを堅実に守れとどれだけうるさく言われても、自分でわかっていても、市場に参加するとなかなかできないのが人間。投資に限らず、 自分の好きなことには歯止めが利かなくなることもしばしばです。自己管理力はそんな人間の本能に唯一?勝つことができる持ち味ではないでしょうか。
 

 

ガマンは禁物

ただし、お金を使うときに“極度なガマン”は禁物。なんらかのサービスやモノにお金を支払うとき、自分に何をもたらしてくれるのかを必ず考えるようにして、それに価値があるものであればどんどんお金を使う、といったことも大切です。つまり「コスト感覚」を持っていれば上手な買い物や投資もできるわけです。
 
もちろん使う範囲は必ず定めるといった自己管理力も大切ですが。また、自己管理力が強すぎると、有益な情報を遮断してしまうなどのデメリットもあります。情報だけでなく、人間関係などの大切なご縁まで失うことも。何事もほどほどに柔軟に、が持ち味を発揮する基本です。
 
自己管理力はマネー基礎力をはかる1つの要素です。マネー基礎力がどれくらいあるか知りたい人はこちらへhttps://www.mochiaji.net/_fortune/_content/index.html
 

ライター:石川英彦
HIDEHIKO ISHIKAWA

代表取締役
大学卒業後、就職することなく海外放浪へ。大好きなオートバイで北は「アラスカ・北極海」南は「アリゾナの砂漠」まで、北米を野宿しながら37,000キロ走破。帰国後、老舗ホテルでボーイの仕事し、サービス業とはなんたるかを学ぶ。あるきっかけで保険代理店の手伝いをしたことで金融の世界を知る。その“奇妙”な世界に疑問を感じ「お金に関する情報形成」「売り手と買い手がハッピーになる金融コンテンツづくり」をミッションとした、 株式会社マネーライフナビを設立(1996年)。FP(ファイナンシャルプランナー)の実務をこなしながら多数の金融コンテンツを手がける。2011年には エフピーリサーチアンドコンテンツ株式会社を設立。全国各地のご当地FP®︎による多数の意見を発信。ただいま、「金融を普通にする」ための起爆剤を充填中。 >>プロフィール
 

 

最新記事 new