HOME | コンテンツ | 持ち味とお金 | スケジューリングはお手のもの 〜計画力〜

 持ち味とお金  2020.3.8

スケジューリングはお手のもの ~計画力~

 

弊社の「持ち味マネーカード」は、あなたのお金に関する持ち味、すなわち得意なことを引き出すカードです。39枚のカードからご自身に当てはまるものを選んでいただくだけで、無理なくお金と付き合う方法がわかります。
39枚の中でも特にお金と関わりが深いのが15枚のコアカードです。
今回はコアカードの中から「計画力」をご紹介します。

目標へのプロセスを時間割する人

計画力のある人は、いきあたりばったりはキライですので、計画を立てます。そして、日々の生活を週単位・月単位でスケジューリングします。ただし、計画するにあたっては、大なり小なりの目標が必要です。ただ単に計画を立てるのではなく、目標までのプロセスを「細分化して」「計画する」のが得意なのです。
手帳やカレンダーにすかさず予定を書き込むからといって計画力があるとは限りませんので、ご注意を。

 

計画力を発揮するには?

 

計画力を発揮するための目標は、遠い未来のことではなく、長くても5年程度が適当です。まずは目標を設定してみましょう。その上で、計画を立てるために必要な手段や情報を入手するとよいでしょう。
この持ち味は突発的なことには弱いので、計画に柔軟性を持たせることと、自分のキャパシティに合わせた計画を立てることも持ち味を活かすコツとなります。
 
ご自分の持ち味が気になった方は、ぜひ持ち味マネーカードをお試しください。
 
また、まずはざっくりとご自分のお金力を知りたい方は、こちらで簡易診断もできます。
 

ファイナンシャル・プランナー
田中友紀(たなかゆき)
 
新卒でメーカーのシステム部配属になって以来、10年間システム畑を歩む。当初は自分でもプログラムを組んでいたが、次第に、システムを使ったコンテンツ制作の進行管理を行うようになる。テレビ局でショッピングサイトのリニューアル、エンタメコンサルティング会社で携帯の着メロサイトの立ち上げ、などに携る。30歳過ぎて、お金のことを知らな過ぎると危機感を感じ、FPの勉強を始める。学んだのは、生きていくのに必要なことばかり。それを伝える側になりたくて、FPになると決意。そのとき運良く、金融デザインのメンバーと出会い、今に至る。システム時代に培った、いろんな立場のいろんな人の意見をくみとる姿勢、そして、お金のことがわからない、という感覚がわかること、が自分の強み。FPとしてこれからが勝負だと思っているので、金融デザインのメンバーの一員として、金融が普通になる世界を創っていきたい。 >>プロフィール
 
work:金融デザイン株式会社
資格:CFP、日商簿記3級、スピリチュアルカウンセラー

 

最新記事 new